上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奈良県明日香村稲淵(いなぶち)の棚田

 古代の遺跡石舞台で有名な明日香村稲淵の棚田を撮りに行った。

近づいてゆくと大勢の人だかり。
お祭りかなと思って車を停めて行って見ると都会風の人たちが一斉に田植えを行っておられる最中だった。
なんでもこの棚田、オーナー制をとっているらしく年間いくら払って棚田一枚分を借りて田植えから収穫まで借りたオーナーが田の管理をするらしい。
収穫したお米はもちろんそのオーナーのもので、自分たちで植え付けから草引きまでして収穫したお米はさぞかし美味であろうと想われる。

地元の人がピンと糸を張って、それに沿って都会風の人たちが並んで苗を植えてゆく。
ワイワイガヤガヤなんとも大騒ぎである。
子供達も植え付けをしている。

農村の高齢化でお百姓さんが減っているのだろう。
年がいってのお百姓仕事は大変である、ましてここは棚田、機械なんて入れないのである。
全部手作業、腰をかがめての仕事は大変だ。
そこへ棚田一枚分、都会の人に管理してもらって収穫の楽しさを味わってもらう。
子供達にお百姓さんの仕事ちゅうものを解ってもらえて、お米のありがたさも教えられるちゅうものである。
うまく考えられた方法である。

おかげで今年も稲淵の棚田はあおあおと早苗が風に揺れ、斜面に合わせてさまざまな形を形成する棚田が鏡のように太陽の光りを映し出す。

町の人たちが田植えを終え帰ったあとの棚田に夕日が包み、まだまだ仕事を続ける地元のお年よりが手作業で水が洩れないようあぜの土を固めてゆく姿が美しかった。
スポンサーサイト
[ 2009/06/22 19:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)


[ 2009/06/22 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

タチアオイ

タチアオイ
[ 2009/06/22 19:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/06/22 19:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/06/22 19:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)