三室戸寺の蓮

 ある日の事で御座います。
お釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました
。池の中に咲いている蓮の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂いは、絶え間なくあたりへ溢れて居ります。
極楽は丁度朝なのでございましょう。
  蜘蛛の糸   芥川龍之介

蓮の花は、芥川龍之介の蜘蛛の糸に出てくる。
極楽を象徴するようにその咲きようは、ありがたく、光りを浴びるさまは神々しささえある。
三室戸寺を前に蓮の花はまさに極楽へ来たような世界で、多くの参拝客も穏やかな表情で見て回っておられた。

それにしてもこの三室戸寺は実にえらい!。

6月には広い境内をさまざまな色彩を持ったおびただしい数の紫陽花がいっせいに咲き誇る。
静かな境内にしと降る雨の音なんぞを聞きながら見る紫陽花の味わいは、日本の梅雨の静けさそのものだ。

7月の蓮は境内をひととき極楽の世界にいざなってくれる。

11月のもみじの紅葉も実に鮮やかで、錦の絵画のような世界を醸し出す。

この日は梅雨の晴れ間で30度をゆうに超える暑さだった。
汗だくになって撮影していても、とうの蓮は頓着することなく、涼しげに水から顔を出して目を見張るような薄ピンクや、純な白の花の姿で境内のあちこちに咲き飾っていた。
スポンサーサイト
[ 2009/07/12 19:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/07/12 19:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/07/12 19:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/07/12 19:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/07/12 19:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)