忘年会と撮影会

写真教室で忘年会をしようということになり、どうせするなら撮影も一緒に出来るところでやりましょうと言うことになり、広沢の池近くの民宿で忘年会をやりそのあくる日撮影をしましょと、あっさり決まった。

12月某日あやしい雲が初冬の夕空を覆う中そぞろに皆が集まってきた。
先生がワインと缶チューハイを抱えて入ってこられた。
なにしろこの民宿、料金が安い上に持ち込み自由なのである。
この日はすき焼であった。
和牛の霜降り肉がピンク色に輝いている。
こんないい霜降りは最初甘辛くジュージュー焼いて肉だけたべましょ、ということになり熱したすき焼鍋に砂糖を敷いてそこに醤油を垂らす。
醤油と砂糖の香ばしく甘い香りが鍋に吹き上がる。
すかさず霜降りを落とすと「ジューー」というタマラナイ音も落ちる。
あまり焼きすぎずにサッと焼いて卵を溶いた器に潜らせハグッと噛む。
柔らかでジューシーな霜降りの豊潤な香りが口といわず鼻といわず拡がる。
実に値打ちのあるタマラナイお肉を食べながらワインが実に進む。
赤ワインの心地よい酸味が霜降りを中和させ、ますます心地よい酔いのなか夜は過ぎてゆく。

写真は自己表現の一種でもあり、教室の方々は表現者でもあるからとめどなく言葉が溢れるように口をついて出てくる。
多くの引き出し、写真への想い、被写体の望み。
会話が途切れなく話がいつまでも広く深く続いてゆく。
趣味を同じくする人たちとの宴会時間は、単に友達とかの宴会より実に話の内容が濃かった。

部屋の外の人の声がする。
茫洋(ぼうよう)とした頭で時計を見ると6時だった。
そうだった、今日は広沢の池の朝日を撮影するために早起きをするのだった。
みなさんは早くも顔を洗い、撮影の準備が着々と進む。
私もボーっとしたままヨロヨロと起き出し準備を整えると広沢へ向かって歩き出した。

池に上る朝日を撮った後、民宿裏の竹林へも撮影に行った。

忘年会と撮影会はこうしてつつがなく、中身濃く楽しく過ぎていった。
スポンサーサイト
[ 2009/12/21 19:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)


[ 2009/12/21 19:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/12/21 19:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)


[ 2009/12/21 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)


[ 2009/12/21 19:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/21 19:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日向大神宮

写真教室実習の舞台となった日向大神宮。
天照大神を奉った神社で、南禅寺の近くなのだが行ったことがなかった。

なにしろ細い坂道を長く登った所にあるもので、目立つところにあるわけじゃなく人から教えてもらわない限り決して行けるところじゃないのだ。
まだまだ知らないところがあるわけで、んま考えたらここで生まれ育ったと言えども有名どころをかいつまんで見て行った程度で、いわれのある神社やお寺はまだまだあるのだろうなぁ。

撮影に行った日、男性の二人ずれがいて仲間か友達なんだろうと思っていた。
話をしてみると、地元の年配の男性が「智積院に撮影に行ってたらこの人がいはって、なんでも夜中に浜松を出て京都についたらしい、京都の紅葉を撮りたいっちゅうことやったんで、それやったら日向大神宮がいいって言って連れてきたげたんですわ」。
浜松から夜を徹して走ってきたその男性は疲れも見せず嬉しそうにニコニコしてその年配のカメラマンの案内のもと、写真を撮っておられた。

その年配の男性はかなりのキャリアをお持ちのようで、京都のあらゆる撮影場所を季節のジャストの時期を丹念に書いたメモで持っておられた。

やはりここはコアな撮影ポイントだったのか。
10月桜という桜と紅葉の取り合わせがとても奇異で不思議な体験だった。
季節が交錯した。

頼りないような細く長い道を登って行った先にあるこの日向大神宮は、山懐に抱かれシブーイ佇まいを見せていたのである。
[ 2009/12/07 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/12/07 19:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/12/07 19:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/12/07 19:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2009/12/07 19:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2009/12/07 19:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)