春に思うこと

 3年前だったか・・、娘が高校2年の時にイギリスに7ヶ月留学した。
そんでもって今年の3月からアメリカへ留学している。

イギリス留学のころはまだ幼さが残ってて、ホームステイだったから随分寂しい想いや辛い思いもしたのだと思う。
こんどの留学は海外二回目でもあり、成人まじかでもあるのでそれなりに成長してその滞在の街の地理にも大学にも寮にも、招かれるホームパーティなるものにもだんだんと慣れていって、一月経った今頃はさぞかし勉学にも励みながらエンジョイしているのだと関西空港で知り合った娘の友達の親御さんから頂いたメールで解ることになるのである。

なんせ娘はシャイなのかワタシに似たのか、親と交信したがらない;;。
欲しい物資があるときだけ嫁さんの携帯にメールをよこす。
実に味気ない、んでもホームシックなんてのはないアメリカ生活をつつがなく送っているようなのです。

こんなことをしている間にも日本の春は実に実直に誠実にしかも早く過ぎていっているわけです。

アメリカで、朝食はあっさりいいのだけど、お昼のさっぱりとしすぎの食事、それに夕食の実に情けない心のこもらないうすっぺらい食事に戸惑いながらも(これはワタシの単なる一個人の感想です;;)遥か太平洋の向こう側で
大学生活を送っている娘と、実に日本らしい仁和寺で桜の花と対峙してる私との非常にまったく違った遠ざかった日々にどうしても今年の春の瞬間ちゅうものを思うわけなのです。

てなわけで、嵯峨野で見かけた菜の花のような黄色い花と仁和寺の桜を撮りながら、遥かアメリカのカンザスにいる娘の様子なぞを想像していた春の一日なのでした。 
スポンサーサイト
[ 2010/04/13 12:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)


[ 2010/04/13 12:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)


[ 2010/04/13 12:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/04/13 12:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/04/13 12:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2010/04/13 12:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/04/13 12:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/04/13 12:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/04/13 11:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)