上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2題

 夕焼けの中を車で走っていた。
雨の後で霧が湧きかけている。

あわててカメラを取りに帰り、見渡しのいいところに立った。
霧が山を這い、夕焼けはますますオレンジを濃くしていった。
一年に何回も見られる風景じゃないだろうな、と思いながら夢中でシャッターを押していた。


水玉ってさまざまな色や形を映し出す。
沢山の水玉が光りのシンフォニーを奏でていた。
スポンサーサイト
[ 2010/07/25 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/25 19:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)


[ 2010/07/25 19:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2010/07/25 19:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/25 19:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

東寺の梅雨

清水寺の舞台と東寺の五重の塔はある意味京都のシンボルなのかも知れない。

東寺はよく行ったのだが梅雨の頃は行ったこと無かった。
蓮が咲いていることも知らなかった。

撮り出した時刻は曇り空だったのだが、それがだんだん雨模様になってきた。
ポツポツと降ったり、しとしとと降ったり、最後にはザーーザーーとどしゃどしゃと降ってくるようになっていた。
人間はびしょ濡れになるのだが蓮はかがやきを見せ、さるすべりの花はその桃色を濃くし、ぼんやりみずべを歩いていたあめんぼうは池に落ちた雨と一緒に踊りだす。

生き物は水によってよみがえり、風景は水でその色を濃くする。

三百数十年にわたってこの地に建ってきた五重の塔も梅雨のどしゃ降りの雨の中でますます堂々と偉容を放っていた
[ 2010/07/13 15:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2010/07/13 15:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2010/07/13 15:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/07/13 15:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)