この秋に撮り貯めたもの

紅葉の色づきがよかった。
早朝とか、昼すぎとか夕方とか、どの時間でもいい味わいがあった。

どのシーズンでもそうだが、いちねんに一度だけ見せてくれるあじわいのある景色がある。
気候と地域の風土みたいなものがもたらすなんて言ったらいいのか、んま味わいである。
味わうのだからこうとしか言えないもんね。

今年味わった私が出会った景色はこのようなわけで。
景色っちゅうものは人それぞれで、その時の心境やおかれている状態や、立場や心の置き所で、あ・じ・わ・い・がちがうのだ。

ってなわけで、今年の秋はそれこそ釣る瓶落としのように経過していったのだ。

ちいさな人の営みや状態の如何にかかわらず、自然はというと相変わらず悠々と、淡々と脈々と実に悠然と移ろっているわけで、そのアッケラカンの実に実直なその姿勢に我が心を比べて見ては落胆すろのです。

ちなみに↓のほうに貼った写真は光明院で、JR東海のキャンペーンで2000年に「そうだ京都行こう」のポスターになった所です。
http://recommend.jr-central.co.jp/others/museum/kyoto/list.html
↑で見られます。
それにしても「日本のガーデニングです」ってコピーがいいなぁ。
 
スポンサーサイト
[ 2010/11/29 19:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺


[ 2010/11/29 19:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

西明寺


[ 2010/11/29 18:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺


[ 2010/11/29 18:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

光明院


[ 2010/11/29 18:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

この秋の足跡

今年の秋は激しく揺れ動いた秋だった。

親父さんが要介護認定を受けてその結果を一ヶ月待たされた。
なんだか受験結果を待たされているような、不安定な思いと様々な覚悟と細い一本の糸が切れてしまうようなそんな心境でこの一月を過ごした。
結果は要介護という認定結果だった。
不安だった私たち家族を少しでも救ってくれるようなその認定結果を心で噛みしめるように見ていた。
少し不安から解消されるような心境だった。

この秋は心がずっとささくれていたような気がする。
親父のこととかその他のこともあった。
心にしこりがずーと残っているような感覚だった。

んでも秋は静かに美しく進行していたのだ。
もみじを初めとする広葉樹はあかく、あかく空を照らす。
錦の屏風のように、大きい大きいカンバスに絵の具を飾ったように、道を伽藍を山を空を覆うように赤くあかーーくもみじの紅葉が迫ってくる。

写真を撮っている時は雑念が無くなっていた。
ただ目の前の被写体に集中する。
ただただ目の前で起っている紅葉の物語のクライマックスに見入る。
「うわぁ」とか「ふ~むぅ」とか感嘆詞にもならないような声にもならないような吐息を吐く。
ファインダーを覗いてシャッターを切っている時の幸せ感を素直に感じていた。

今年の紅葉の色はことに濃く鮮やかで美しかったように思う。

霧の紅葉を撮った後の帰り道、しとしと雨が私の足跡を消していった。
それでいいのだとも思った。
 
[ 2010/11/22 19:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

西明寺前

西明寺
[ 2010/11/22 19:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺

西明寺
[ 2010/11/22 19:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺

西明寺
[ 2010/11/22 19:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺

西明寺
[ 2010/11/22 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺

西明寺
[ 2010/11/22 19:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺

西明寺
[ 2010/11/22 19:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂

永観堂
[ 2010/11/22 19:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

永観堂
[ 2010/11/22 19:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

清滝川
[ 2010/11/22 19:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

清滝川


[ 2010/11/22 19:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

高雄もみじ、三尾のライトアップ

このごろどうも自分の生まれ育ったところに誇りが持てない。
便利がわるいというのもその一因でもあって。

スーパーへ行くのもコンビニへ行くのにも車が必要だ。
月に一回から二回行くなじみの飲み屋さん、「手まり」へ行くのにもバスで15分くらいかかる。
月でも眺めなが雲の様子なんぞを楽しみながら、フラフラとお散歩気分で「手まり」まで行きたいものだ。

歴史的保存地区の風致地区にも指定されて、屋根の色や家屋の外壁の色まで制約を受ける。
この地区そのものが歴史というのか・・。
なんだか自由に行きたいな。
外壁も明るいシャレたおされでそれでちょっと派手な色なんていいだろうな。
奇抜な最新建築なんていいだろうな。
そんなのは許可が下りないだろうな。
制約を受けても税金が安くなる恩恵もなにもないし。

「引越し」 なんて憧れるな。
新しい生活なんてドキドキするのだろうな。
ご近所も新しい人だし。
町並みも新鮮なんだろうな。
なにしろ生まれてこの方ここのほかに住んだこと無いのだ。

そんなことをぼんやり考えながらライトアップ会場までフラフラと歩いて行った。

西明寺の橋のところで感じのいいお子さんづれが目に付いた。
若いお母さんはムクムクの白い服装で乳母車で橋の上からこっちを向いていた。
ムクムクの黒い服装の若いお父さんは、こちらから橋に向かって母娘を写真に撮っていた。
「いい風景だなぁ」
「撮らせてほしいな」
と思う間も無く、歩き出して行ってしまった。
感じのいい親子連れだった。
風景に溶け込んでいた。

神 護寺はかなりの人だった。
多くの人が、半ばにさしかかった秋の紅葉の宵をそれぞれに楽しんでおられた。

帰り道、700段あまりの階段を降りていくと昔のお嬢さんの一団とすれ違った。
若いおにいちゃんに「半分くらい来てますか」と訪ねてる。
「まだ三分の一くらいです」と言った。
「わぁ;;」という昔のお嬢さんの落胆した声に応えて私が、
「半分来てますよ、これから半分紅葉したもみじがライトに映えて楽しいですよ」
「楽しい道のりは早いですよ」と言うと昔のお嬢さんの一団は私の顔を見て、ニコっとこちらを見てからギアチェンジをして足取りも軽く階段を登っていった。

帰る頃には「ここもいいかな」なんて思いもよぎりながら明りの点いた家へ向かっていった。
[ 2010/11/12 21:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2010/11/12 21:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)