上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

河井寛次郎記念館

「驚いている自分に驚いている自分」。

子供のように感動する心を失わず、あらゆる物と事の中に喜びを見出し、人と人生を愛した
河井寛次郎記念館に行ってきた。

清水寺のふもとにあるこの家は、若いころに行ったことがありその後長い間行っていなかった。
京都に住んでいてごくたまにしか行かないのはいかにももったいないちゅう想いを持つ。
この日も関東から来られたであろうご婦人たちが、「ここはいいわ~、いいところに来たものだわ」。
なんてつくずくここにたたずんでいることを喜んでおられたのだ。

昭和12年に建てられたこの家は、こんなところで毎日作陶に喜んで打ち込めるたらいいだろうな・・。なんて思うように設計されているのだ。
昭和がどんどん遠ざかり、人も建物もどんどんあっちへ行ってしまうような時代にあって、昭和の凛としたインテリアや家具、小物や器具。
これからいつの時代にあっても昭和のしゃれた建物は昭和に生まれた私たちの誇りなのだと思った。
 
スポンサーサイト
[ 2014/01/26 18:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2014/01/26 18:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2014/01/26 18:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)