映画の街

太秦大映通り商店街。
日本映画華やかなりしころこのあたり一帯を占めていた大映撮影所がすぐ傍にあったことからこの商店街の名前が付いた。
太秦近辺は、大映、東映、松竹と撮影所が三つもあり、東洋のハリウッドとも呼ばれていた。

この商店街も私が大学生の頃、松竹撮影所でテレビ時代劇“必殺シリーズ”を撮っていてその時代劇にエキストラなんかのバイトをしていてよくチョンマゲのかつらのまま食事をしに歩いたものだ。
今はその名残で歩道部分をフィルムの形にしていてなんとなく嬉しくなる商店街なのである。

時代は変わってもなんとなくレトロで、ゆっくりした時間が流れる商店街なのだ。
 
スポンサーサイト
[ 2015/01/26 19:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2015/01/26 19:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/26 19:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/26 19:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/26 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

街撮り

街撮りをしてみようかと思いコンパクトデジカメを買った。
なんせ街撮りは人物が入るため、一眼カメラなんかたどカメラの構えが大仰なために撮られる人が逃げたりけげんな顔をされたりする、その点コンデジならさっと撮れるし人物も自然な入り方をするのだろうと思う。

そして街の何を撮ろうかと考えていた。
自分が歩きたい、あるいは自分がそこに似合いたい。
そういう所に囲まれて暮らしたい。
っと言うような所を撮りたいと考えた。

どういう所かと言うと昭和が感じられるレトロな所だ。
京都でもそういうレトロな所はだんだん無くなって来ている。
京都に限らずレトロっぽい(作られた)所は観光地でけっこう出来てきているが、ああいうのはあまり撮りたくない。

ちゅうわけで京都市中央卸売市場のあたりへ行ってみた。
このあたりは以前仕事で来たこともあり、ロケーションもほとんど解っていた。
水産のセリ場や仲卸がひしめく店舗などは戦場のような慌しさのため邪魔になるので近づかなかった。
その周りにある卸と小売りを兼ねたお店がレトロを感じさせなかなか味わいがある。

こういう所で日々を過ごすことは活気がありドラマチックでもあるのだろうなと思いながら手で掴める小さいカメラを持ちながら歩いていた。
 
[ 2015/01/19 19:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/19 19:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

西明寺・雪景色

 早朝
西明寺に近づくと人の声が聞こえてきた。
数人の若者たちが山歩きの格好をしてリュックを背負い賑やかに喋りながら境内から降りてくるところであった。

この早い時間にどこから来たのだろう。
どこに泊まったのかな。
んましかしこの季節しかも雪の中この古寺に足が向いたものだと不思議な関心を覚えた。

西明寺は朱の橋の周りあたりの景色が好きだ。
川の模様も面白く、もみじの枝があちこちに網羅される。

この景色は秋もいいのだけど、新緑の頃と雪景色が好きなんだな
[ 2015/01/12 13:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2015/01/12 13:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/12 13:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

高山寺冬景色

 随分長いことぶりにたっぷりの雪が積もった。
ぽつぽつ歩いて高山寺へ向かった。

子供の頃忍者部隊月光に憑依して腰を落として走った石垣の上はたっぷりの雪が積もっていた。
参道の階段は20センチくらい積もっている。

子供の頃慣れ親しんだ境内はこの年になって見てみると深い森に囲まれて信仰の場であったことがしみじみ感じられる。
雪が付く樹齢数百年の杉の木を朝の真新しい日差しが差し込むと神々しささえ感じる。
境内の空間一杯に張りつめたもみじの枝えだに付いた雪の模様も植物の綺麗な営みを感じるのだ。

家にいて、例えばストーブの灯油が切れて補給のために外に出た時のような寒さは不思議とここでは感じない。
朝日があたって時折高い枝から落ちてくる雪が頭や腕にかかっても寒さを感じることはなかった。

好きな事をしている時間は暑さや寒さは感じないのかなと思いながらまだまだ融けない20センチの歩道を、ボコボコギシギシという音を立てながら帰って行った。
[ 2015/01/03 21:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/03 21:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/03 21:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/03 21:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2015/01/03 21:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)