北野天満宮、梅

 梅の開花の便りが聞こえて来た。
ぼちぼち咲き始めたであろう北野天満宮に行って見た。

境内に入ったあたりからぷぅーんと甘い品のある香りが漂ってきた。
大人しめの香りだが確実に春の息吹を感じさせる。

紅梅に白梅、中間のピンクっぽい花もあった。

伝統の伽藍に今年芽生えたばかりの花がよく映る。

寒さを通り越した頃にご褒美のように咲く梅の花。
愛らしさと上品さを備えた梅の花が今年も咲き始めたのだ。
スポンサーサイト
[ 2017/02/20 14:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2017/02/20 14:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2017/02/20 14:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/20 14:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

セツブンソウ

セツブンソウを撮りたくて京都府立植物園へ行った。

開園とともに行ったので入ってすぐの花壇の花たちに霜が降りて美しい冬の花景色を見せていた。
なにしろこの霜は数分経つと融けてしまう。
陽もあたって来ていたので霜の降りた花を撮るチャンスはごくごく短いのだろうなと思った。

お目当てのセツブンソウは園内のどこに咲いているのか知らなかった。
「多分このあたりかな」
なんて思いながら自然の森をそのまま残してるような植物生態園のほうに向かった。
あちこち歩いた。
随分探し回った。
地面に植物の名前が書かれた小さなプレートがありそれを頼りに探すと
ありました^^。
なにしろつぼみで5mm、咲いた花でさえ1センチに満たないようなサイズなので何気なく通っていたら絶対わからないだろうなと思う。

節分のこの時期にしか咲かないセツブンソウ。
誰が付けた名前なのか知らないけど植物の名前ってうまく付けられてるなぁと思う。
シャレているとも思う。
センスがいいなとも思うのだ。

開園の頃は霜が降りていた園内も写真を撮り終えたころは陽も射してけっこう暖かくなっていた。

時計を見たら一時間半も経っていた。
 
[ 2017/02/04 13:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2017/02/04 13:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2017/02/04 13:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)


[ 2017/02/04 13:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)


[ 2017/02/04 13:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)