上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

直指庵

直指庵
スポンサーサイト
[ 2011/12/17 19:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

りょうさん こんばんは。(*^_^*)

↑の文、私も同じ心境です。まだ枝に
くっついている葉もありますね。健気
で愛しいです。季節の移り変わりに脅威
すら感じるこの頃です。

直指庵は随分前に2度は行った気がします。
確か天皇陵の近くでは?当時は花写真だっ
たので葉っぱばかり撮ってました。余り
観光客も来ないでしょ。ゆっくり出来た
思い出があります。

落ち葉を踏みしめるって年に1度の感触
でしょうか。影を旨く利用され良いですね。

急に寒くなって、まだ寒さに慣れるまでが
嫌ですね。元気で頑張って下さい。
[ 2011/12/18 18:50 ] [ 編集 ]

「散るもみじ、残るもみじも散るもみじ」

そうなんです。
境内に散ったもみじも枝に残ったもみじもいずれ同じ道を辿ります。
だからこそ枝に残ったもみじをいとおしく思うのです。
枝にまだまだ力強く付いている赤いもみじが師走に突入してもなお赤々と根付いている様子に力をもらうのです。

そうです。
天皇陵の近くで歩いて行けるところです。
ここを訪れた土曜日はほかに人はいなくて、しみじみゆっくり過ごすことが出来ました。
寒いけどいいお天気で、地面に落ちているもみじがクッションのように柔らかく、そして暖かかったです。

寒さが厳しくなってきました。
時節柄どうかご自愛下さい。

ありがとうです、輝子さん^^v
[ 2011/12/18 20:48 ] [ 編集 ]

この画は ワタシ好み! とっても好きな構図です。

手前の影、入り口を額に見立てた路地の奥行き感!
京の侘び寂びを感じるベストな画でした!!

一連の直指庵を拝見したら、明日にでも行きたくなりました。(^o^)/

[ 2011/12/19 01:03 ] [ 編集 ]

境内を歩いていましてね。
赤々とした紅葉が残ってなおやっぱりどこか寂(さび)があるんです。
それは底から冷える冬への予感があったのだからかも知れません。

晩秋、実に味わいがあります。
明日においで下さい(^^。
もっと風情が増してるかも^^。

トライアルさんありがとう^^v
[ 2011/12/20 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/1829-213eb974