上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪の常照皇寺

 突然出来た代休で、しかも計ったような雪の予報だった。
迷わず新緑の頃行った常照皇寺に向かった。

市内はまったく積雪がなかったけど、京北の常照皇寺に着いてみると5センチの積雪であった。
こんな真冬の月曜日、拝観なんぞさせてくれるのか恐る恐る近づいてみると、入り口に人はおられなかったが紙が貼ってあり「人がいなかったら300円~500円の拝観料を箱に入れてご自由にお入り下さい」と書いてあったので500円箱に入れて上がっていった。

いやはや新緑の頃とはまったく趣がちがっていて、見事な雪の絵模様だった。
京都市内からはるかな山奥にあるこの古寺が山懐(やまふところ)に抱かれて輝きを放っていたのだ。
それにしても広間から見る庭は別世界のような空間をしつらっており、池に映る雪を飾ったもみじの枝が鮮やかでけっこう感動したなぁ。

こんな平日の山奥の古寺に入山者は私ともう一人、カメラを二台抱えたプロカメラマンとおぼしき若いおにいちゃんだけで、別世界のような空間で二人のシャッター音だけが雪に輝く境内に響きわたっていた。
スポンサーサイト
[ 2013/01/28 13:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2152-1ec86427