上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

瑠璃光院

ここの床もみじを見たくて一度行ったことがある。
しかしここは年中拝観をしていなくて、行った初夏の頃は閉まっていて、人の気配さえなかった。
「拝観しなくなったのかな」、「一度は見ておきたかったな」なんて思いながら月日が巡っていった。

そして今回、念入りに調べて拝観していることを確認してから恐る恐る行ってみた。
なにしろ門前払いはもうごめんなんである^^;;。

いやはや素晴らしかった。
入り口の門をくぐったとたんに出迎えてくれるのが古い苔を蓄えた階段わきの庭石たちだった。
内部に入って期待通りの新緑と鮮やかに床に映る新鮮な緑だった。
庭の外も内部も緑に包まれて空気まで栄養ありそうだ。
昭和初期の建物も実に綺麗に磨かれていて、美しかった。
ご住職のお話もありがたく、新緑の中に溶け込むような話しの内容だった。

ゴールデンウイークの最終日、明日への英気をいただけたような瑠璃光院。
紅葉の頃また行ってみたいと思った。
 
スポンサーサイト
[ 2013/05/07 15:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

初夏の瑠璃光院

紅葉もすばらしかったから、初夏のみどりもと思っていましたが本当にすばらしいですね。行けばよかった。紅葉の季節はテレビで紹介されたせいもありますが、人がいっぱいで写真など撮る暇がありませんでした。5月のゴールデンウイークは西山山麓と比叡から大原三千院を廻りました。乙訓寺ではぼたんを見ることが出来て本当にラッキーでした。どこもみどりが鮮やかでした。4月に常照皇寺に行ってきました。りょうさんの雪の常照皇寺の写真には負けますが八重のなかに一重が咲く珍しい「御車返しの桜」も見ることが出来ました。全体的の落ち着いた佇まいのお寺という印象を持ちました。午後からは清涼寺の「嵯峨大念仏狂言」と充実した京都の4月でした。今度は6月花の季節ですね、どんな写真が見られるか楽しみです。これからも体に注意して頑張って下さい。
[ 2013/05/13 17:17 ] [ 編集 ]

たまに行く例のお店へ行っても木村さんが来られてた事を聞いていなかったので、てっきりしばらく京都に来られてないのかと思っていました。

なになに、「5月のゴールデンウイークは西山山麓と比叡から大原三千院を廻りました。乙訓寺ではぼたんを見ることが出来て本当にラッキーでした。どこもみどりが鮮やかでした」。

「4月に常照皇寺に行ってきました。りょうさんの雪の常照皇寺の写真には負けますが八重のなかに一重が咲く珍しい「御車返しの桜」も見ることが出来ました。全体的の落ち着いた佇まいのお寺という印象を持ちました。午後からは清涼寺の「嵯峨大念仏狂言」と充実した京都の4月でした」

来ておられるじゃないですか^^;;。
しかもさすが木村さんがチョイスされたコアなところばっかし^^。
それでこの瑠璃光院も紅葉の時にちゃんと行っておられたのですね^^。
私がこの年になって初めて見られたこのお寺にとっくの昔に来られてたというのは少し悔しい思いもありますが^^、京都の人間にとってはとっても嬉しいことなのです。

常照皇寺の桜はさぞかしよかったことでしょうね。
なんせ市内から離れ浮世離れした山の中のお寺。
あそこの味わいを知ってる人はそういないと思われます。
木村さんの行き先選びは玄人好みです。
シブイです^^。

こんどまた例のお店でお会い出来る日を楽しみにしています。
ありがとうです木村さん^^v
[ 2013/05/13 23:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2233-d73adf02