上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二条城、梅

 毎日と言っていいほど通る二条城前の道路。
美しく刻まれた石垣の直線が数百メートル続く。
週十年前中に入ったっきり行ったことが無かった。

入って見てその広いこと。
拝観するのがけっこう疲れるくらいの広さを持つ二の丸。
その西にある堀のある庭園を持つ本丸。

建物を見ていくうちに普通の御城とは違う建て方に気が付く。
ここは京都の真ん中、御所の建て方に似ているのだ。
さすがは家康公、京都にふさわしいお城のしつらえにしたかったのだろう。

お堀のふもとに咲いている梅も気品のある香りをたたえている。
二条城の梅は豪壮さと気品を併せ持った実に存在感のある梅であった
スポンサーサイト
[ 2014/03/17 19:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2448-a93b0c2b