地元の新緑

私の地元、西明寺のもみじが新緑を向かえた。

毎年5月を前にしたこの頃、若葉が一番生き生きとした色彩を見せる。
新鮮な生ワサビを擦った時の明るい鮮やかな黄緑。
ウグイスの色をさらに明るくしたような色。

4月に入ったころ葉がだんだん大きく開いてくる。
最初の頃は緑色が足りない。
やがて毎日だんだんと緑が鮮やかになってくる。
その緑が一番鮮やかに見せる頃がある。
なにしろ毎日見ている。

自分の一番好きな色になったころ写真を撮りたくなる。
なんせこの時期だけだ。
もう少しすれば鮮やかなワサビ色がその色を濃くする。
緑色がどんどん濃くなってくる。

一言で青葉なんて言うが、ジャスト私の好きな新緑の色の時期は短いのだ。
やはり自然は刻々と移ろっているのだ
 
スポンサーサイト
[ 2014/05/01 14:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

若葉

りょうさん こんばんは。(*^_^*)

若葉の最も美しいのは今でしょうね。
モミジや柿の若葉が私は最も好きです。何と言っても
美しい!そうそうブナの若葉も凄く綺麗ですね。
でもブナは近辺には無いですし。

若葉のこの季節、充分楽しんで下さいね。
私も楽しみますね。
[ 2014/05/01 21:06 ] [ 編集 ]

「若葉のこの季節、充分楽しんで下さいね。 」

そうなんです。
一年を通じて色々撮るものがありますが、この時期の若葉を撮ることはけっこう好きなんです。
なんだか積極的に撮りたくなるのです。
おしりがうずうずするとか(笑)そんな感じで出かけたくなるのです。

京都はけっこうあちこち若葉が見られるのでやはり恵まれてるのだろうなと思います。
輝子さんの若葉の写真も楽しみにしています。

ありがとうです輝子さん^^v
[ 2014/05/02 20:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2510-f9f7dc9f