上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

街撮り

街撮りをしてみようかと思いコンパクトデジカメを買った。
なんせ街撮りは人物が入るため、一眼カメラなんかたどカメラの構えが大仰なために撮られる人が逃げたりけげんな顔をされたりする、その点コンデジならさっと撮れるし人物も自然な入り方をするのだろうと思う。

そして街の何を撮ろうかと考えていた。
自分が歩きたい、あるいは自分がそこに似合いたい。
そういう所に囲まれて暮らしたい。
っと言うような所を撮りたいと考えた。

どういう所かと言うと昭和が感じられるレトロな所だ。
京都でもそういうレトロな所はだんだん無くなって来ている。
京都に限らずレトロっぽい(作られた)所は観光地でけっこう出来てきているが、ああいうのはあまり撮りたくない。

ちゅうわけで京都市中央卸売市場のあたりへ行ってみた。
このあたりは以前仕事で来たこともあり、ロケーションもほとんど解っていた。
水産のセリ場や仲卸がひしめく店舗などは戦場のような慌しさのため邪魔になるので近づかなかった。
その周りにある卸と小売りを兼ねたお店がレトロを感じさせなかなか味わいがある。

こういう所で日々を過ごすことは活気がありドラマチックでもあるのだろうなと思いながら手で掴める小さいカメラを持ちながら歩いていた。
 
スポンサーサイト
[ 2015/01/19 19:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2677-7a07fb4b