上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名残の桜を探して

ゆっくりできる土曜日が来たもので、常照皇寺と地元のミツバツツジと大覚寺へ行って見た。

秋とか雪の頃は行った常照皇寺、桜の時期に行って見たかった。
やっと念願が叶った。

京都市内から随分離れてる山中にある古刹。
その素朴で落ち着いた佇まいの伽藍と優雅な枝垂れ桜が美しいハーモニーを奏でるようだ。
派手としぶさの融合。
味わい深い花見であった。

地元の山肌に咲いているミツバツツジが見ごろだ。
ちょうど川を挟んで桜が見ごろで、ミツバツツジと桜の饗宴が素晴らしかった。

その後大覚寺へ名残の桜を見に行った。
ひろーーい境内の池の周りに咲いている桜は優雅で、歴史を感じるお寺と桜の組み合わせが実に美しく
いかにも名残の桜を愛でるのにピッタシのロケーションになった。

その後よく行く喫茶店で薫り高い美味しいコーヒーを飲んで爛漫の春の一日を終えた。
名残の桜とコーヒーの余韻が晴れた空に心地よかった。
 
スポンサーサイト
[ 2016/04/09 19:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2857-308cdda0