盛夏、涼。

去年から欲しかったのだけど手に入れるチャンスを逃したものがあった。
水中撮影用のケースだ。

家の近くの川は子供の頃から夏休みともなると朝から夕方まで浸かっていた川で、
川の中の景色や底の岩の部分まで知っている。
天然の鮎が泳ぐ姿を撮っておきたかった。

今年そのケースが手に入りさっそく川へ降りて撮りに行った。

真夏の日差しが眩しくてクラクラするほど暑い中、
水中撮影は天国のように涼しく、そして楽しいものになった。
ウエットスーツを着ての撮影は体力的に少々キツイが涼しさと川の美しさでそういう事を忘れていた。

真夏の涼の一服。
セミも上空で笑っていた
 
スポンサーサイト
[ 2016/08/13 09:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

りょうさん~~ん♪ღ
素晴らしいフォト見せて頂きました!

見た事もない風景と 泳いでる鮎なんてすんごい撮影ですね

水中撮影用のケースって・こんなに神秘的に撮れるのね♡

アマチュアカメラマンの素朴さが良いわ~~(ˇ◡ˇ*)♡

また一つ知らない世界を 見せて頂きました 有難うです~^^
[ 2016/08/27 12:24 ] [ 編集 ]

「見たこともない風景と泳いでる鮎」
ですかぁ^^。

なるほど。
私は子供の頃から川にもぐって泳いでる鮎をずっと見て来たのですが、普通は実際川に泳いでる鮎を見る事なんてほとんど無いんでしょうからねぇ^^。

「こんなに神秘的に撮れる」
なるほど。
私が子供の頃から見て来た川の景色がこうしてほかの人に驚きを持って見て頂くのが実に嬉しいのです^^。

こんなに新鮮に驚いてご覧いただけたことがこちらこそ「有難う」なのです^^。

メモリーさんありがとうです^^v
[ 2016/09/04 22:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2920-54d8401e