秋の入り口

久しぶりにゆっくり出来る休日が出来た。
芙蓉の花が咲いているようなので等持院へ行って見た。

薄ピンクと白い芙蓉が静かな境内の庭に咲いていた。
人もほとんどおられなくて自由に散策しながら撮影が出来た。

ススキも見られて9月の風情がかもし出されていた。

ススキが咲いているのかぁ・・・、それならと思って
京北へ行って見た。

京北では河原に群生しているススキが見られた。
車を走らせているとコスモスが見られた。

「もうコスモスの季節なんだな」
と思いながら秋の入り口に立ってシャッターを切っていた。
 
スポンサーサイト
[ 2016/09/12 20:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

懐かしい

りょうさん こんにちは。(*^-^*)

このお寺は私凄く思い出があります。40代半ばだったか、家族で京都の
庭巡りをしていました。確か立命の近くでしたね。
凄く美しい庭で感動しました。息子がまだ中学だったか?

勿論写真なんかやってなくて、家族写真をパチパチとったのが残って
います。

芙蓉が綺麗ですね。芙蓉を主体に素敵な写真ですね。また1度行きたいものです。
[ 2016/09/14 09:57 ] [ 編集 ]

「凄く美しい庭で感動しました」

そうですか。
私もこの庭好きなんです。
それでいい被写体になる時期に好んで行くのです。

芙蓉が咲いていることが解って喜んで行ったのです^^。
好きな場所。
出来れば彩がいい時期に行けたらその庭も一層映えると思いますからね。

輝子さんの想いで、手に取るように想像させていただきました。
思いではいつもいつも美しいものです。

また機会があれば行って見てください。

ありがとうです輝子さん^^v
[ 2016/09/14 22:40 ] [ 編集 ]

とっても! 美しい庭・・・見とれてしまいました♪
額にしたくて 勝手ながらダウンさせて頂きましたm(__)m

芙蓉って時間的に色が変わるのですか?
変わるのを見たことが無いんですよね・・・見たい

すすき・秋桜・一日一日確実に秋に・・

秋桜も大好きな花ですが
以前に両手が回ら無いほどの 秋桜の花束を頂き

デカイ花瓶にテーブルの上に飾りまして
その豪華な事! しかし…そのテーブルの下に猫が寝て居まして

しばらくすると くしゃみの連続で 
猫でも花粉アレルギーって有るのですね
初めて知りました^^; 秋桜を見ると思い出します(^-^)

素敵なフォト有難うです💛
[ 2016/09/15 22:39 ] [ 編集 ]

メモリーさんも等持院の庭気に入って頂けましたか^^。

衣笠山のふもとに勾配を利用した古いお寺なのです。
このお寺のちょうど後ろに竜安寺があります。

「額にしたくて」
私の写真でよかったらどうぞお好きなようにしてご覧になって下さい^^。
そいう風にしていただくのが一番嬉しいことなのです。

芙蓉って、酔芙蓉って言われるので時間によって、人がお酒に酔うように顔色を変えるようですね。
私はそういう色の変化、見たことはないですけど^^;。

秋桜の花束と愛猫のクシャミですか(笑)。
季節の大きな贈り物とそういうものにまったく頓着しないネコちゃんのおおらかさ。
初秋の印象深い思いでですね。

メモリーさんありがとうです^^v
[ 2016/09/15 23:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2929-b6ad6a01