豪雪のご褒美

日曜日に豪雪の予報が出て朝から金閣寺へ向かった。

なにしろ金閣寺の冠雪は珍しい。
それに晴れてくると屋根が木肌拭きのためすぐに融けるのだ。
この朝は数十年ぶりの大雪と低気温のため屋根の雪も解ける気配も見せず落ち着いて撮ることが出来た。
しかし人の多いことに驚いた。
豪雪を見越して来られたのかすごい人であった。
見物客の中には「神戸のルミナリエより人多いわ」
何しろ数千人の人がいっせいに撮影ポイントまで押すな押すなのごった返しで、満員電車のラッシュアワーのようであった。

ようやく金閣寺を撮り終えて嵯峨野の鳥居本へ向かった。
ここは人も少なくようやく落ち着いて撮影が出来た。
雪の鳥居本は風情の中の寂寥感がよかった。

休日と豪雪。
実にタイミングがよく、数十年ぶりの古都の雪の風景を撮ることが出来た。
スポンサーサイト
[ 2017/01/15 18:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

美し過ぎる雪の金閣寺
日本が誇る名所ですね。

雪の金閣寺は見た記憶が無いと思えば
「屋根が木肌拭」なのですか?始めて知りました
もう何年も行っていませんが 行きたくなった(^-^)♪

平野屋さんを背景に しんしんと降る雪・・・
映画のシーンに似合いそうな・・(ˇ◡ˇ*)♡

合掌つくりの屋根に雪
時を忘れて別世界に自分が居るようです
素敵なフォオト有難うです❀♪❀



[ 2017/01/17 21:11 ] [ 編集 ]

うれしいです

「もう何年も行っていませんが 行きたくなった」

私が佇んだ場所に行きたくなっていただくような写真を撮りたいと常々思っています。
いい被写体のその時そこに立っていることこそが大切。
そんな言葉を京都を撮られる有名な写真家がおっしゃっておられたのを思い出します。
雪が無くても古都の厳寒を過ごしてきた金閣をご覧になるのも味わいがあるのかも知れません^^。

平野屋さんの写真が映画のシーンですか・・・。
細やかな感性をお持ちなのかなって思います^^。
私、平野屋さんのこの写真けっこう好きなのです。
映画のような物語を想起していただいたとしたら実にウレシイのです。

メモリーさんありがとうです^^v
[ 2017/01/17 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/2997-cfc79c94