FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪の常照皇寺

 休日の朝雪がちらほら舞っていた。
「この分だと京北は雪が積もってるかな」
なんて思い行って見た。

開門は朝9時だ。
開門時間に行くと冬の朝、ここへ来る人はだーーれもいない。
広い境内で十分ゆっくり出来た。
静かだった。
厳かだった。

たまに雪が音もなく舞う。
本堂の廊下を歩く自分の足音だけが響く。

随分寒かったのだろうけど寒さはそんなに感じなかった。
それより贅沢な時間を過ごさせてもらったなんだか感謝の気持ちが湧いて来た。
スポンサーサイト
[ 2017/12/28 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

 りょうさん
歴史あるお寺 雪景色の回廊・・・

さすが古都京都は
桜も・紅葉も・雪景色も
最高に 季節を美しく演出出来るのですね♪

一目見た時は
うわ・・寒む・・と思いましたが^^

本堂から見える雪も
回廊を渡りながら見る雪も

真っ白な雪を見て
「この様に心白く有りたい」と思うのでしょうか・・

心清められるフォト見せて頂いて
有難うございます

一年も今日で終わりですね・早いなぁー
また来年もよろしくお願い致します

どうぞ よいお年をお迎えくださいまし(*^_^*)


              
[ 2017/12/31 17:42 ] [ 編集 ]

このお寺は京都市内から車で40分くらいで随分北のほうにあります。
だから市内より4度くらい気温が低いのです。
車で行ったのですが下車したとたん「っうさっぶ」
と思ってひるんだくらいでした。

「この様に心白く有りたい」

このお寺がこのような都から遠く離れた寒いところにあるのは、御仏に包まれるような伽藍の中では
寒さをそれほど感じない現実体験を感じるために建てられたような気がするのです。

本堂に入って撮影している時間中寒さは忘れていました。
メモリーさんが私の写真をご覧になって白い雪を見られて「心白く有りたい」と
想いを拡げられた感覚を嬉しく思うのです。
つたない写真で心を清められたとしたら感激です。

メモリーさん今年一年楽しいお付き合いありがとうございました。
新しい一年を健やかにお過ごしになられるようおいのりしています。

ありがとうですメモリーさん^^v

[ 2017/12/31 22:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryo9092001.blog35.fc2.com/tb.php/3150-b017315a